セロリシード

素材・ノウハウ
様々なスパイス、『自からは主張せず、周りを引き立てる』 のが上手い頼りがいのあるユーティリティープレーヤー。これひとつまみで、ソースの風味と奥行きが激変する。セロリシード自体の味は旨みというより、むしろ苦味。でもこれが実に良い。鶏肉の手羽やいわゆる「鶏のスペアリブ」に塩とコショウ、そしてこのセロリシードを振って、魚を焼くようにグリルするだけ。なんとも味わいの深い、エスニックな風味に仕上がる。特にトマトとの相性がいい。「種(たね)」なので外側の殻はやや固いので指先でつまみ、すりつぶすようにすると香りが立つ。パスタソースにはかかせない万能の絶対おすすめスパイス

素材・ノウハウ
菜の花

「春の膳には苦味(くみ)を盛れ」とは有名な料理格言。春を代表する味覚の苦味(にがみ)ふきのとうほどで …

素材・ノウハウ
アボカド

どっちが正しい?「シュミレーション?」or「シミュレーション?」「バドミントン?」or「バトミントン …

素材・ノウハウ
桜エビ

春を代表する食材、ただ秋にも収穫期がある。鮮度の維持がむずかしいため収穫後すぐにボイル処理(いわゆる …